台風後の雨で梅雨の風情を味わえた

ここしばらく暑い日が続き、雨も殆ど降らない中、先日、いきなり台風がやってきました。
しかも、大型の台風で、ほぼ直撃のコースです。
しかし、台風が近づいても、雨は、30分間位で止んでしまうものが、朝から夜にかけて、3回位です。
空は厚い雲で覆われていて、風も強いというのに。
気温も、暑く湿った空気が流れ込み、暑苦しく、晴れてもいないのに、冷房を入れる始末でした。
この気候って、おかしいんじゃない?と、イラついていた挙句、夜遅くになって、ようやく雨が降り始めました。
雨は強いものの、台風の雨とは思えない程で、窓を開けていても、吹き込んできません。
打ち水のように、気温を下げてくれるように期待しながら、窓を全開にしていました。
しかし、気温はなかなか下がりません。
これは本当に台風なのだろうか?そう疑問に思っていても、ニュースでは、まわりのあちらこちらの地域で、台風による自然災害が起きているのです。
はて...?そう不思議に思っていましたが、台風が通り過ぎた翌日、何故か、いきなり雨が激しくなってきたのです。
その日にかぎって、郵便局へ行かなければならなくなり、仕方なく、外出しました。
傘を強い雨に打たれながら歩いていると、なんだか、梅雨になった気分です。
梅雨らしい雨が降らなかったせいで、雲に雨の子供が残っていたのだろうか。
そんな事を考えながら、雨の中の散歩を楽しみました。
雨は強いけれど、涼しい風と、田んぼから聞こえる蛙の鳴き声がなんとも、心地よくさせてくれました。