2015年11月アーカイブ

体操男子日本代表の快挙

最近、世界的にスポーツ界のトップレベルでの日本人選手の活躍が目立っています。
個人ではテニスの錦織圭選手、卓球の石川佳純選手、スキー・ジャンプの葛西紀明選手。
団体競技ではサッカー女子のなでしこジャパン、ワールドカップで強豪南アフリカを破るなど3勝をあげたラグビー日本代表。
そして、このたび体操日本男子代表が世界を驚かせる活躍を見せてくれました。
イギリスのグラスゴーで行われた世界体操選手権で、団体としては2004年アテネ五輪以来となる金メダルを獲得したのです。
体操はアクロバティックな動きの連続で常に危険と隣り合わせのスポーツ、小さい頃からの厳しい練習の積み重ねがあって今日の輝かしい成績に繋がっているはず。
そんな選手らが、これまで血の滲むような努力をしてきたことを考えただけで、なんだか泣けてしまいます。
それに自分自身絶対にできないスポーツって不思議と応援に力が入るんですよね個人総合6連覇を達成した絶対的エースの内村航平選手、床で金メダルを獲得した白井健三選手、新人ながら鞍馬で銅メダルを獲得した萱和磨選手など有望な若手が顔をそろえているだけにリオ五輪、その次の東京五輪での大活躍も期待できそうです。
ワールドカップ準優勝のなでしこジャパン、ドイツ・シュツットガルトで行われた世界新体操選手権で団体5位になりリオ五輪出場を決めたフェアリージャパンに続く快挙に、日本スポーツ界はさらに盛り上がるでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年7月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja